利用規約

Home > 利用規約

利用規約

株式会社シムネット(以下「甲」という)は、「宿泊予約システム宿録」(以下「本サービス」という)の利用に関して以下の約款(以下「本規約」という)を定め本サービスの利用・運用に適用いたします。

第1条(本規約の範囲)
1. 甲が本サービスを利用して宿泊予約を受ける旅館、ホテル及びペンション等の宿泊施設(以下「乙」という)との間で締結する利用契約は、本規約の定めるところによります。
2. 甲があらゆる方法で乙に対して伝達する内容の一切を、乙は本規約の一部と認め承諾するものとします。
3. 本規約は甲が必要に応じて、乙に通知せず変更・追加できるものとし、乙はそれを認め承諾するものとします。

第2条 (通知及び同意の方法)
1. 甲から乙への通知は、甲からの電子メール、その他甲が適当と認める方法により行われるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行われる場合、通知時点にて登録されている乙の電子メールアドレス宛の発信をもって通知が完了したものとみなします。

第3条(利用契約の成立)
1. 乙は甲に対し、所定の申込フォームに所定の事項を入力したうえで、送信していただきます。
2. 本サービス利用契約は、甲が前項の申込に対し承諾し、本サービスが利用可能になった時点で成立と致します。

第4条(甲の責務)
1. 甲は本サービスの安定稼動に努めます。
2. 甲は本サービス運営に伴い入手した宿泊施設の秘密情報・個人情報を他に決して漏らすことのないように情報管理に努めます。

第5条(乙の責務)
1. 乙は甲に対し、定められた利用料金を所定の方法にてお支払いいただきます。
2. 乙は宿泊予約に伴う個人情報を業務の処理以外には決して使用せず、個人情報を他に漏らすことのないよう情報管理に努めるものとします。
3. 乙は本サービス申込み後、甲が乙に貸与するユーザーアカウント及びにパスワードの使用及び管理について、一切の責任を負うものとします。
4. 乙が本サービスの利用に起因又は関連して、第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用において解決し、甲に迷惑をかけてはならず、また損害を与えてはならないものとします。
5. 乙は本サービスを使用して、受信し、または送信する情報について、本サービス用設備の故障によるデータの消失を防止するための措置をとるものとします。

第6条(契約期間)
1. 利用契約の有効期間は、第3条第2項に定める成立の日から本サービスの試用期間である3週間を含めた22日間とします。ただし、期間満了までに、甲及び乙のいずれか一方から他方へ有効期間満了後には利用契約を継続しない旨の通知が到達せず、かつ、乙が次期間の基本料金およびその消費税相当額を、甲の指定する支払い方法により支払った場合は、利用契約は当該有効期間の末日の翌日から6か月間を新たな有効期間として自動的に更新され、以後これにならうものとします。

第7条(利用料金)
1. 本サービスの利用料金は、別途定めるサービス料金表のとおりとします。
2. 本サービスの利用料金は運営上の為、乙の承諾を得ずして変更・改正する事を乙は承諾するものとします。
3. 利用料金等の支払いにおいて、振込手数料が発生する場合は乙の負担とします。
4. 独自ドメインオプションの場合、本サービスの独自ドメインオプションサービス利用料金以外に、別途SSLベンダーとの直接契約によるSSL証明書の取得料金が発生します。

第8条(サービスの変更・中断・停止)
1. 甲は本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合、或いは戦争、暴動、騒乱、天災、停電、その他の非常事態等により、本サービスの提供が通常通り行えなくなった場合、その他甲が本サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合、本サービスの運営を中断できるものとします。
2. 甲は前項の規定により、本サービスの運営を中断する時は、あらかじめその旨を乙に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
3. 甲は乙が次の各号の一つに該当する場合、直ちに本サービスの利用を停止する措置をとり、利用契約を解除することができます。
(1)乙が利用申込時に虚偽の申告をした場合。
(2)その他、契約当事者としての信用に不安が生じた場合、あるいは乙の実情が公序良俗に反する場合等、甲が不適当と判断した場合。

第9条(免責)
1. 甲は本サービスに登録された情報内容の誤り、空予約、不泊等、本サービス利用に関して、乙と第三者との間で生じる紛争・損害について、一切の責任を負わないものとします。
2. 甲は本サービスの中断・停止などの発生により、乙または第三者が被ったいかなる損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
3. 甲はユーザーアカウント及びこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことにより、乙が被った被害について、一切の責任を負わないものとします。
4. 甲は乙が本サービスに登録したデータが如何なる理由で消失しても、または乙が不利益を被った場合等においても、責任を負わないものとします。
5. 如何なる事由において発生したデータ等の破損及び逸失及び消去、またはこれに付随する問題が発生する事によって乙又は第三者に対して発生した損害に対しても、甲は責任・責務を負わないものとします。

第10条(全般)
1. 本サービスに関連して、甲と乙との間で紛争が生じた場合には、当該当事者が共に誠意をもって協議するものとします。


平成21年8月24日 制定

ページの先頭へ